シクサーズのサム・ヒンキー ゼネラルマネージャー職などを辞任

【スポンサーリンク】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのゼネラルマネージャー兼バスケットボール・オペレーション部門代表を勤めてきたサム・ヒンキーが同職を辞任することを発表した模様。シクサーズが公式ホームページで発表している。

過去3年間にわたってシクサーズの再建に尽力したヒンキーだったが、チームは依然として低迷。

ヒンキーがGM職に就任して以来、シクサーズは19勝63敗(2013-14)、18勝64敗(2014-15)と20勝に到達しておらず、今季は4試合を残した時点で10勝68敗。

ドラフトでスター候補生を獲得し続けるも、チームが上向くことはなかった。

なお、新GMとしてブライアン・コランジェロと契約する見込み。

シクサーズは昨年、ブライアンの父であるジェリー・コランジェロをチームのバスケットボール・オペレーション部門チェアマンに起用していた。

今年の夏のシクサーズは大きく動くこととなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA