ニコラ・ミロティッチ 負傷した右足を検査

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズに所属するニコラ・ミロティッチは、リオオリンピックにスペイン代表のメンバーとして出場し、チームの銅メダル獲得に貢献した。

だが、オーストラリア代表との3位決定戦で右膝を負傷。

ゲームには復帰したものの、右膝の状態は芳しくないようだ。

ミロティッチはオリンピック終了後も右膝に痛みを訴えており、検査を受ける予定だという。ミロティッチのコメントをthescore.comが伝えている。

「現時点では、怪我をしてると感じてる。でも大丈夫だよ。俺らはメダルを勝ち取った。それが最も重要なことさ。(膝は)何事もないと良いね」

仮に長期離脱を余儀なくされる場合、開幕を約2カ月後に控えたブルズにとって大きな打撃となるだろう。

ミロティッチはリオオリンピックで8試合に出場し、平均26.1分のプレイで12.9得点、5.6リバウンド、1.6アシスト、FG成功率49.4%、3P成功率44.7%を記録。

銅メダル争奪戦となったオーストラリア代表との試合では約30分プレイし、14得点、7リバウンド、1アシスト、2スティール、1ブロックショット、FG成功率45.5%、3P成功率100%(3本中3本)を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA