【スポンサーリンク】

ニックス「逮捕後のチャールズ・オークリーの言ったことはフィクション」

ニューヨーク・ニックスのオーナーを務めるジェイムス・ドーランと、かつてニックスで活躍したチャールズ・オークリーの間には想像以上の確執があるのかもしれない。

マディソンスクエアガーデンから退場させられ、警察に逮捕されたオークリーは「チケットを買った」、「何もしてない」とし、無実を主張。

一方、オークリーの発言を受けたか、ニックスは次のような声明を発表したようだ。

「大勢の警備員と従業員、ニューヨーク市警察たちがオークリーのひどいふるまいを目撃しています。それは彼が建物に入った時から始まり、逮捕されて出ていくまで続きました。我々の声明は一貫しています。あの事件以来、彼が言ったことすべては純粋なフィクションです」

オークリーの行為には多くのニックスファンや現役プレイヤーが賛同している。

オークリーを批判すればするほど、ニックスのフロントオフィスには懐疑的な目が向けられるだろう。

ニックスがかつての姿を取り戻すためには、フロントオフィスの刷新が不可欠なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA