【スポンサーリンク】

シャバズ・モハメド クオリファイングオファー破棄で完全FAへ

このオフシーズンのミネソタ・ティンバーウルブズは、ロスターの再構成を積極的に進めている。

トレードでリッキー・ルビオをユタ・ジャズへ、クリス・ダンとザック・ラビーンをシカゴ・ブルズへ放出し、ジミー・バトラーを獲得。

さらにポイントガードのジェフ・ティーグや、元ブルズのタージ・ギブソンを獲得したウルブズ。

一方、キャリア4年目を終えたシャバズ・モハメドは、ロスター再構成の犠牲になりそうだ。

ESPNによると、ウルブズはモハメドに対するクオリファイングオファーを破棄し、これによりモハメドは完全FAになるという。

ウルブズはモハメドを放出し、ティーグおよびギブソンとの契約へ向けてサラリーキャップに余裕を持たせる見込みだ。

モハメドはまだ24歳と若く、成長中のプレイヤーであるため、モハメド獲得に動くチームは現れるだろう。

なお、昨季のモハメドは78試合に出場し、平均19.4分のプレイで9.9得点、2.8リバウンド、0.4アシスト、FG成功率48.2%、3P成功率33.8%を記録。

キャリア4年を通してレギュラシーズン通算235試合に出場し、平均18.5分のプレイで9.7得点、3.0リバウンド、0.6アシスト、FG成功率47.6%、3P成功率33.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA