ザック・ランドルフ 有罪判決なら解雇の可能性?

【PR】

この夏にメンフィス・グリズリーズからサクラメント・キングスに移籍したベテランフォワード、ザック・ランドルフは先日、マリファナを所持していたとし、警察に逮捕された。

今後は売買目的で所持していたのか、かつ実際に使用していたのかに焦点が集まることになりそうだが、もし有罪判決が下った場合、ランドルフのキャリアは難しくなってしまうかもしれない。

commercialappeal.comによると、ランドルフに有罪判決が下った場合、NBAプレイヤーとしてのキャリアが終わる可能性があるという。

リーグの団体交渉がまとまった後、反麻薬ポリシー違反への罰則は強化。

ミルウォーキー・バックスでプレイしていたOJ・メイヨは2016年、反麻薬ポリシーに違反し、NBAから解雇された。

リーグはランドルフにも同様の処分を下す可能性があるが、もしそうなると36歳のランドルフのNBAキャリアは終わりを迎えてしまうだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】