トレード移籍のディアンジェロ・ラッセル「結局はビジネス」

【スポンサーリンク】

2015年のドラフト2位指名でロサンゼルス・レイカーズに入団したディアンジェロ・ラッセルは、チームの将来を担うポイントガードとして期待されていた。

だが、今年のドラフトでポイントガードのロンゾ・ボールを獲得したレイカーズは、ラッセルをトレードで放出。

このトレードには賛否両論あったが、ラッセルはビジネスとして捉え、ブルックリン・ネッツでの活躍を誓っているようだ。

ラッセルはトレードについて次のようにコメント。NetsDailyが伝えている。

「ビジネスさ。俺はそう捉えてるんだ。このリーグではいろんなことが起きる。同意できないようなこともあるだろう。結局はビジネスなのさ」

低迷が続くネッツへ移籍したラッセルだが、ラッセルはネッツについてベテランと若手が融合したチームであり、過小評価されていると感じているという。

トレードで名門レイカーズを離れたとはいえ、ラッセルには未来がある。

ネッツでその才能を開花させ、スーパースターへと成長してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA