ドレイモンド・グリーン ステフィン・カリーとケビン・デュラントの退場処分に「受け入れがたい」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、今季2敗目を喫したメンフィス・グリズリーズ戦の最終盤にフラストレーションを爆発させ、退場処分をコールされた。

ドレイモンド・グリーンはカリーに退場処分がコールされた時、カリーの気迫に拍手を送っていた。

カリーと同時にケビン・デュラントにも退場処分がコールされたわけだが、ウォリアーズのテクニカルファウルリーダーであり、これまで何度も退場処分を科せられた経験があるグリーンは、カリーとデュラントの退場について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺たちの2人が退場させられた。受け入れがたい(笑)。俺たちが勝利するなら、連覇のチャンスがあるなら、あのように退場することはできない」

「2人とは話をしないとね。俺たちは彼らを必要としていることを伝えなきゃ。彼らがコートにいれば勝つチャンスがあるから」

グリーンから指摘される際、カリーとデュラントは笑顔で「お前もな」とツッコむことだろう。

なお、カリーとデュラントには出場停止処分が下る可能性があると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA