【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「レフェリーはすべての力を持ってる」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントは先日のオーランド・マジック戦の第4Qでファウルをコールされなかったことに怒り、レフェリーに暴言を吐いて退場処分を命じられた。

ここ最近、デュラントがレフェリーに詰め寄るシーンが多く見られるが、デュラントは実際にフェレリーに対して不満を感じているようだ。

デュラントはレフェリーについて次のように指摘。The Athleticが伝えている。

「レフェリーはゲームを仕切ってる。その日、彼らの気分が良くないなら、彼らは彼らが望むどんな決定も下すことができるんだ。彼らがすべての力を持ってることは分かってる。俺は黙らなきゃいけない」

デュラントには罰金処分が下ると予想されるが、今季はクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスとニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスがキャリア初となる退場処分を命じられるなど、レフェリーのコールに不満を爆発させるシーンが多く見られる。

リーグを代表するスタープレイヤーが批判したことにより、レフェリーのコールにはますます注目が集まるようになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA