クリス・ポール「ディアンドレ・ジョーダンとの関係はバスケ以上」

【PR】

ロサンゼルス・クリッパーズはブレイク・グリフィン、ダニーロ・ガリナリ、ミロシュ・テオドシッチ、パトリック・ビバリーと、先発4選手を怪我で欠くという苦しい状況を強いられている。

唯一残っているオールスターセンターのディアンドレ・ジョーダンにはトレードの噂が浮上しているが、夏のトレードでヒューストン・ロケッツに移籍したクリス・ポールはジョーダンと連絡を取り合っているようだ。

ポールはジョーダンについて次のようにコメント。usatoday.comが伝えている。

「DJとは毎日のことを話してるんだ。人生、バスケ、すべてのことをね。真面目に言うと、俺はいつでもクリッパーズが最高であることを祈ってる。文字通り、DJとは毎日話をしてる。ヘッドトレーナーのジェイソン・パウエル。彼ともほとんど毎日話してるよ」

「俺と彼(ジョーダン)の関係は、バスケをはるかに超越してるんだ。あのビッグマンについて言えることは、彼はいつもハードにプレイし、チームを牽引しようと努力し、仲間を助け、勝利を助けようとしてることさ」

ジョーダンは来年夏、オプションを破棄すればFAになる。

ジョーダンはヒューストン出身であるだけに、ロケッツからオファーがあれば真剣に検討するだろう。

果たしてポールとジョーダンのコンビは再び結成されるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】