【スポンサーリンク】

レイカーズ コーリー・ブリュワーと契約バイアウト合意

ベテランフォワードのコーリー・ブリュワーがFAになる模様。

Yahoo!Sportsによると、ロサンゼルス・レイカーズとブリュワーは契約バイアウトに合意し、ブリュワーは間もなくFAになるという。

昨季中のトレードでヒューストン・ロケッツからレイカーズに移籍し、主にディフェンダーとして貢献したブリュワー。

ブリュワーのディフェンス能力を高く評価しているチームが獲得に動くと予想されるが、現時点ではフロリダ大学時代の恩師であるビリー・ドノバンHC指揮のオクラホマシティ・サンダーが獲得に動くと報じられている。

サンダーはディフェンダーのアンドレ・ロバーソンを怪我で欠いているため、ブリュワーは良い補強となるかもしれない。

なお、今季のブリュワーは54試合に出場し、平均12.9分のプレイで3.7得点(キャリアワースト)、1.7リバウンド(キャリアワースト)、0.8アシスト(キャリアワースト)、0.8スティール(キャリアワースト)、FG成功率45.3%、3P成功率18.6%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミネソタ・ティンバーウルブズ、ダラス・マーベリックス、デンバー・ナゲッツ、ロケッツ、レイカーズでレギュラーシーズン通算765試合に出場し、平均23.2分のプレイで8.8得点、2.8リバウンド、1.5アシスト、1.2スティール、FG成功率42.4%、3P成功率28.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA