【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC クリスタプス・ポルジンギスの前十字靭帯断裂は「ニックスのFA市場に影響」

これからのニューヨーク・ニックスを支えていくだろうクリスタプス・ポルジンギスは、前十字靭帯断裂でシーズン全休を余儀なくされた。

ニックスは再建期を脱し切れておらず、オフシーズン中にロスターの補強に動くを予想されるが、ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHCによると、ポルジンギスの前十字靭帯断裂はFAプレイヤーの勧誘に影響を及ぼす可能性があるという。リバースHCのコメントをNewsdayが伝えている。

「前十字靭帯断裂は、もはや死刑宣告じゃない。ほとんどの男たちはカムバックしてるし、健康な状態をキープしてる。ただ、彼はオールスターシーズンを送ってたよね」

「彼がより良いプレイをすれば、より多くの男たちが彼と一緒にプレイしたがるだろう。彼がいない、彼の復帰がいつになるか分からないのは、今シーズン以上に痛みをもたらすんじゃないかな。私はあの怪我が彼らを最も傷つけることになると思う」

ポルジンギスが健康な状態で今季を過ごし、オールスターレベルのパフォーマンスを続けていれば、リバースHCの言うようにニックス移籍の興味を持つプレイヤーも現れただろう。

とはいえ、ニックスはニューヨークを本拠地とする伝統あるチームであり、ポルジンギスの存在にかかわらずニックス移籍を希望し、再建に尽力するプレイヤーが出てきてくれることを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA