【スポンサーリンク】

ジェレミー・リン「怪我が我慢の限界だった」

2016年夏にブルックリン・ネッツと3年契約を結んだジェレミー・リンは、移籍後1シーズン目のほとんどの怪我で離脱し、2シーズン目は開幕戦でシーズン全休となる怪我を負った。

8月に30歳になるリンは、身体的に全盛期の時間を怪我に邪魔されたと言っても良いだろう。

リンはそれを誰よりも感じているようだ。リンのコメントをNetsDailyが伝えている。

「俺にとってあの怪我は我慢の限界だった。俺の人生において、最も大きな障害だった。ピークの時に怪我したんだ。俺は30歳。30歳はバスケットボールプレイヤーとして終わりのラインに入る年齢だよね」

ニューヨーク・ニックス時代に“リンサニティ”ブームを巻き起こし、一躍時の人となったリン。

その後は移籍と度重なる怪我に苦しめられ、当時のブームはブームで終わってしまった。

ネッツは若手中心に再建しているが、リンにはベテランプレイヤーとしてのリーダーシップも期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA