【スポンサーリンク】

ホーネッツ ケンバ・ウォーカー中心に再建か?

シャーロット・ホーネッツのオールスターポイントガードであるケンバ・ウォーカーには、トレードの噂が浮上している。

一部ではクリーヴランド・キャバリアーズへのトレードも噂されているが、ホーネッツはこれまで同様ウォーカーを中心とし、プレイオフ復帰を目指すのかもしれない。

ESPNによると、ウォーカーがチームにとって重要なプレイヤーであり、中心であることをミッチ・カプチャックGMが明かしたという。

一方、ウォーカーは対年夏に完全FAになるため、他チーム移籍の可能性も否定できない。

だが、カプチャックGMはウォーカーをフランチャイズプレイヤーとして見ており、キャリアをホーネッツで終えてほしいと考えているようだ。

ホーネッツは先日、センターのドワイト・ハワードをトレードで放出。

この夏はさらにロスターを改編すると見られるが、それが成功し、2015-16シーズン以来となるプレイオフ進出を果たしたいところだ。

なお、昨季のウォーカーは80試合に出場し、平均34.2分のプレイで22.1得点、3.1リバウンド(キャリアワースト)、5.6アシスト、1.1スティール、FG成功率43.1%、3P成功率38.4%を記録。

キャリア7年ではレギュラーシーズン通算523試合に出場し、平均33.9分のプレイで18.9得点、3.7リバウンド、5.4アシスト、1.3スティール、FG成功率41.5%、3P成功率35.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA