【スポンサーリンク】

チームUSAが4連勝!グループC首位で決勝トーナメントへ

日本時間4日に行われたFIBAバスケットボール・ワールドカップの予選グループC、チームUSA対ドミニカ共和国代表の試合は、106-71でチームUSAが勝利した。

これでチームUSAは4戦全勝。

1試合を残し、グループC首位で決勝トーナメント進出を決めている。

第1Qこそ苦しんだチームUSAだったが、第2Qに入るとスピーディーな展開でドミニカ代表を圧倒。

第2Qだけで12点のリードを奪ったチームUSAの勢いは後半に入っても止まらず、35点差で快勝した。

コーチKことマイク・シャシェスフキーHCは、「今夜のチームの出来には満足してるよ。出だしはミスもあったけどね。グループを首位通過できてハッピーさ」とコメントしている。

この試合では、ケネス・ファリードがゲームハイの16得点、6リバウンド、デマーカス・カズンズが13得点、5リバウンド、6スティール、ダマー・デローザンが11得点、3スティールを記録。

アンソニー・デイビスは10得点、7リバウンド、5ブロックショットを記録し、インサイドで脅威となれることを証明した。

カズンズは試合後、「今日のプレイにはみんな満足してると思うよ。ベンチも含めてみんなハッピーだった。お互いに鼓舞し合ってたしね。これを今後も続けていかいないと」とコメント。

9得点、4リバウンド、5アシスト、2ブロックショット、2スティールとマルチな活躍を見せたルディ・ゲイは、次のように試合を振り返った。

「この試合までの2戦で、本当にメンタルが磨かれたと思う。今日、俺たちは共にプレイし、ディフェンスで力を示せた。今日は俺たちにとって大きなステップになったよ」

各グループリーグ上位4チームが決勝トーナメントに出場できる権利を得るが、チームUSAはグループC首位通過を決めたため、グループD4位のチームと決勝トーナメント1回戦で戦うことになる。

チームUSAは日本時間5日、グループリーグ最終戦をウクライナ代表と戦う予定だ。

⇒全スタッツはこちら

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アメリカ 25 31 25 25 106
ドミニカ 22 19 11 19 71

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA