【スポンサーリンク】

ビル・ラッセル 殿堂入りリングを44年後に受け取る

NBA史に残るレジェンド、ビル・ラッセルは、1975年に殿堂入りを果たした。

だが、人種差別とも戦い続けてきたラッセルは、殿堂入りのリングを受け取らずにいた。

それから44年が経ち、ついにラッセルが殿堂入りリングを受け取ったようだ。

CBS Sportsによると、ラッセルは殿堂入りリングを44年間も受け取らなかった理由について、こう説明したという。

「1975年、私は殿堂入りする初の黒人プレイヤーになるのを拒否した。私の前に、他の誰かがその栄誉を授かるべきだと思ったんだ。チャック・クーパーが殿堂入りするのを見られて良かったよ」

クーパーはアフリカ系アメリカ人として初めてNBAチームからドラフトされ、初めてNBAプレイヤーになったが、殿堂入りしたのは今年だ。

人種差別問題に向き合い続けたラッセルにとって、クーパーの殿堂入りはひとつの区切りともなったのであろう。

妻や親しい友人たちとプライベートセレモニーを開催したというラッセル。

ラッセルはコート上のプレイだけでなく、コート外でも素晴らしい行動を続けたレジェンドとして、これからも語り継がれていくに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA