【スポンサーリンク】

ビンス・カーターがロード全敗のウォリアーズについて「誰も彼らを恐れない」

ビンス・カーターがロード全敗のウォリアーズについて「誰も彼らを恐れない」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地18日にニューヨーク・ニックスを下し、今季7勝目を挙げた。

だが、現時点で7勝9敗、ウェスタン・カンファレンス11位とNBA王者らしからぬ戦いを続けており、何より気になるのはロード8試合をすべて落としていることだろう。

このような状況を受け、元NBAスターのビンス・カーターがウォリアーズに言及した模様。

カーターによると、もはやウォリアーズは相手から恐れられるようなチームではないという。カーターのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

誰も今の彼らを恐れていないと思う。

率直にそう言おう。

スティーブ・カーもそう言っていた。

誰もが彼らと対戦し、後ろから蹴り飛ばすことを望んでいる。

誰もが「僕たちは彼らを倒せる」といった感じで試合に臨んでいる。

ボディランゲージを交えながらそう話しているのが目に浮かぶようだ。

負けている時は、すべてが誇張される。

勝っている時は、ジョーダン・プールやクレイ・トンプソンのスランプに気付かないんだ。

勝利がすべてを解決する。

だが、今の彼らはそうではない。

カーターによると、ウォリアーズを牽引し続けてきたステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンは年齢を重ねたこともあり、ウォリアーズ王朝は終焉に近づいているという。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCは先日、今は適切なラインナップを探しているところであることを明かしたが、NBA連覇に向けて勢いづくためにも早く見つけ出したいところだろう。

果たしてウォリアーズはラインナップとロードゲームの問題を解決し、NBA王者の力を取り戻すことができるだろうか?

なお、ウォリアーズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
11/20ヒューストン・ロケッツアウェイ
11/21ニューオーリンズ・ペリカンズアウェイ
11/23ロサンゼルス・クリッパーズホーム
11/25ユタ・ジャズホーム
11/27ミネソタ・ティンバーウルブズアウェイ
11/29ダラス・マーベリックスアウェイ
12/2シカゴ・ブルズホーム
12/3ヒューストン・ロケッツホーム
12/5インディアナ・ペイサーズホーム
12/7ユタ・ジャズアウェイ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA