【スポンサーリンク】

シクサーズ オフシーズン中にアル・ホーフォードをトレード?

元オールスタービッグマンのアル・ホーフォードは、昨年夏に4年1億900万ドルの契約でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。

だが、契約2年目となる来季は違うチームでプレイすることになるかもしれない。

hoopsrumors.comによると、シューターを獲得できるなら、シクサーズはホーフォードをトレードで放出する可能性があるという。

ホーフォードはシクサーズのスタイルにフィットしておらず、停滞の要因のひとつとされている。

ただ、ホーフォードの契約がトレードの障害になると考えられるため、簡単には進まないかもしれない。

とはいえ、すべては今季の結果次第ということになるであろう。

なお、今季のホーフォードは55試合に出場し、平均30.6分のプレイで11.7得点、6.6リバウンド(キャリアワースト)、3.9アシスト、0.9ブロックショット(キャリアワーストタイ)、FG成功率43.6%(キャリアワースト)、3P成功率33.2%、フリースロー成功率72.1%を記録。

キャリアを通してアトランタ・ホークス、ボストン・セルティックス、シクサーズでレギュラーシーズン通算841試合に出場し、平均32.7分のプレイで14.0得点、8.3リバウンド、3.3アシスト、1.2ブロックショット、FG成功率52.0%、3P成功率36.1%、フリースロー成功率75.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA