【スポンサーリンク】

シーズン中止なら21~24%サラリー減?

NBAの2019-20シーズンは、少なくともあと2カ月は中断される見込みだ。

だが、状況が悪化し続けるなら、2019-20シーズンが完全に中止となる可能性も否定できない。

その場合、NBAプレイヤーたちのサラリーが一部カットされる可能性があるようだ。

Real GMによると、2019-20シーズンが中止された場合、NBAプレイヤーたちのサラリーは21~24%減少する可能性があるという。

ゲームが中止になると、当然ながら各チームの収益は減少する。

NBAは先日、プレイヤーのエージェントたちに対し、シーズン中断中のサラリーは補償されるとの旨を伝えたというが、収益確保のためにシーズンを何としても再開したいところであろう。

なお、現時点ではファイナルを7月もしくは8月に行い、2011-12シーズンのロックアウト時と同様、クリスマスに開幕をずらすという案が有力となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA