【スポンサーリンク】

マーク・キューバン より慎重な対応を求める

状況のさらなる悪化を防ぐため、アメリカ国内でもさまざまな策が講じられている。

これらの策によって経済が停滞し、大きなダメージをもたらしてしまう恐れがあるだろう。

だが、ダラス・マーベリックスのオーナーはまずは毒抜きが重要であると考えているのかもしれない。

キューバンによると、状況のさらなる悪化を防ぐには、個人個人がすべきことをしなければならないという。キューバンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「もしあなたがあなたの行動を過剰反応だと思ってるなら、それは適切なことをやってるということだ」

「完璧は進展の敵だ。完璧にやる必要はない。正しいことをやらなきゃいけないね」

状況悪化がさらに進んだ場合、世界経済に深刻なダメージをもたらし、人々は混乱に陥ってしまうかもしれない。

その意味でも、アメリカは重要な局面を迎えていると言えるであろう。

2カ月後には問題が解決し、NBAが再開していることを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA