【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタム「4年前ならGリーグに進んでいた」

ジェイソン・テイタム「4年前ならGリーグに進んでいた」

来年のドラフト上位指名候補の多くが大学に進学せず、Gリーグで経験を積んでドラフトに備えるとしている。

NBAのルール変更に伴う動きと見られるが、ドラフトで指名される可能性が高いのであればGリーグで収入を得ながら経験を積んだほうが効率的だろう。

ボストン・セルティックスのオールスターフォワード、ジェイソン・テイタムも、自身が同じ状況であればGリーグに進むことを決断したという。テイタムのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

もし4年前に巻き戻せるなら、セント・ルイス高校を出たばかりの18歳の時に50万ドルを見せられたら、僕は間違いなくGリーグに進んだだろう。

彼らは大学で変わる必要がある。

自分自身で金を稼げるようになるべきじゃないかな。

NCAAは先日、選手たちにスポンサー契約を結ぶことを認める方針であることを明かした。

つまり、大学の選手たちはスポンサーから収入を得ながらバスケットボールをプレイすることができる。

とはいえ、Gリーグでならより高いレベルで経験を積むことができるうえ、スポンサーがいなくても生活できるため、今後はGリーグに進む選手が増えるだろう。

一方、未来のスター候補生たちがGリーグに流れることはカレッジバスケの衰退に繋がる恐れがある。

これまで”金の亡者”とも揶揄されたNCAAは正念場を迎えていると言っても良いかもしれない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す