【スポンサーリンク】

マーク・ジャクソン「マイケル・ジョーダンのブルズより我々ペイサーズのほうが優れていた」

マーク・ジャクソン「マイケル・ジョーダンのブルズより我々ペイサーズのほうが優れていた」

1990年代はNBAレジェンドのマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズの時代だった。

その中でもブルズを脅かすチームが数チームあり、1998年のカンファレンスファイナルで第7戦までもつれる大激闘を繰り広げたインディアナ・ペイサーズもそのひとつだ。

当時のペイサーズにはリーグ史に名を残したレジー・ミラーはマーク・ジャクソンなどが在籍していた。

圧倒的な強さを誇るブルズにはあと一歩届かなかったものの、ジャクソンによると、当時のペイサーズはチームとしてブルズより上だったという。

ジャクソンは当時について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ブルズに対してだけではなく、我々はどのチームより優れていると信じていた。

我々にはあらゆる問題に対する答えがあった。

軽視したり侮辱したりするわけではない。

我々は彼らをものすごくリスペクトしていた。

マイケルの偉大さ、スコッティ(・ピッペン)の偉大さ、デニス・ロッドマンの偉大さ、チームとしての彼らの偉大さ、コーチとしてのフィル・ジャクソンの偉大さ。

だが、あの時は我々の時間だったと思うんだ。

我々のベストプレイヤーであり、殿堂入りプレイヤーであり、スーパースターのレジー・ジャクソンミラーがいた。

彼は偉大なマイケル・ジョーダンを相手に立ち止まることなく戦い続けることができた。

彼がマイケルより優れていたと言っているわけではないよ。

ただ、我々は彼がマイケルと戦えると確信していたし、その他のことは我々が対処できたんだ。

我々はシカゴをリスペクトしていたが、彼らを恐れたりしなかった。

なぜなら、我々は彼ら相手に成功していたからね。

彼らが72勝をあげ、わずか10敗だったシーズンでさえ、我々は彼らを2度倒した。

ものすごく自信があったし、我々はなら彼らを倒せると信じていたんだ。

ペイサーズはカンファレンスファイナルでブルズに惜敗した翌シーズンもカンファレンスファイナルに進出したものの、ニューヨーク・ニックスに2勝4敗で敗れた。

その翌シーズンとなる1999-2000年はNBAファイナルに進出し、ロサンゼルス・レイカーズと対戦。

だが、コービー・ブライアントとシャキール・オニール擁するレイカーズに2勝4敗で敗れ、フランチャイズ初となるタイトル獲得はならなかった。

ただ、プロスポーツの世界は結果がすべてであり、ジャクソンの説に反論するファンは少なくないだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ささ

    我々のベストプレイヤーであり、殿堂入りプレイヤーであり、スーパースターのレジー・ジャクソンがいた。
    名前間違うなよー!

*

CAPTCHA