【スポンサーリンク】

NBAベストシューターとして活躍したJJ・レディックのオフシーズン中のワークアウトとは?

NBAベストシューターとして活躍したJJ・レディックのオフシーズン中のワークアウトとは?

NBA選手たちは成功を収めるためにオフシーズン中も努力を重ねている。

だが、NBAでライバルたちを出し抜くには、他のNBA選手以上に努力しなければならないだろう。

NBA屈指の3ポイントシューターとして活躍したJJ・レディックも、相当な努力をしていたようだ。

レディックは先日、オフシーズン中のワークアウトについて次のように明かしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕のオフシーズンはシーズンよりハードだった。

僕が引退したのはそれが大きな理由さ。

もうあんなオフシーズンは送りたくない。

オフシーズン中は週に6日、1日2回もしくは3回ワークアウトしていた。

土曜日は休んで、日曜日は342本ショットを決める。

オフシーズンのたびに毎週日曜日はそうしていた。

それを13年間続けたんだ。

朝食に何を食べるかは決めていた。

体育館に行く時間も決めていたし、トレーニングを始まる前に湯船に決まった時間浸かっていた。

それからシュートアラウンド前のシュート練習。

シュートアラウンドが終わったら締めのシュート練習。

それから冷たい浴槽で身体をクールダウンする。

ランチも何を食べるか決めていた。

昼寝の時間も決めていたんだ。

レディックは高い身体能力があるNBA選手ではなかった。

それでもNBAで15年も活躍できたのは、オフシーズン中の努力の賜だったのだろう。

レディックのオフシーズン中の過ごし方は、これからNBAを目指そうとしている若者たちにとって良い見本となるに違いない。

なお、レディックのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
出場試合数940
平均出場時間25.5
平均得点12.8
平均リバウンド2.0
平均アシスト2.0
平均スティール0.4
平均ターンオーバー1.1
FG成功率44.7%
3P成功率41.5%
フリースロー成功率89.2%

【スポンサーリンク】

コメントを残す