【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「アスタリスクを付けろという人間は負け組」

NBAレジェンドのシャキール・オニールは先日、選手たちの安全面などを考え、「今季は中止すべき」と主張した。

再開したとしても例年とはまったく形が異なるため、チャンピオンになったとしても「素直に喜べない」、「アスタリスクが付くことになる」と発言。

オニールの友人であり、仕事仲間でもあるチャールズ・バークレーも今季の再開に懐疑的な姿勢を示した。

だが、ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHCはまったく逆の考えを持っている模様。

リバースHCによると、長い中断期間中に集中力を維持するのは非常に難しく、それゆえに特別な優勝になるという。リバースHCのコメントをthescore.comが伝えている。

多くの点で勝つのが最も難しくなり得るよね。

なぜなら、タイトルを獲得するには集中力をキープしなければならないからだ。

チームはこの期間を通して選手たちに集中力をキープさせなければならない。

だから優勝の価値はあるだろう。

聞いてくれ。

勝つのは非常に難しい。

私が常に言っているのは、「アスタリスクを付けろ」という人々は負け組だということだ。

勝者は「アスタリスクを付けろ」とは言わないからね。

今季のクリッパーズはタイトル獲得採油力候補の1チームだ。

それゆえにリバースHCは選手たちの気持ちも考え、代弁しているのかもしれない。

いずせにせよ今季は異例のシーズンとなってしまったが、優勝チームに対しては素直に祝福したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA