【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールのエージェントがトレードの噂を否定

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールがブルックリン・ネッツへトレードされる可能性があると先日報じられた。

ネッツはビールに強い興味を抱いており、カイリー・アービングとケビン・デュラント、そしてビールのビッグ3体制を狙っていると噂されている。

一方、ここ数年のウィザーズは厳しい戦いを強いられており、ビールが他チーム移籍を望んでいるとも噂されたが、ビールのエージェントがこれらの噂を一蹴した模様。

ビールのエージェントはトレードの噂について次のように言及。clutchpoints.comが伝えている。

ビールがそれらの対象になることはない。

それが彼がウィザーズと再契約した理由だ。

ブラッドはウィザーズと再契約した。

なぜなら、彼はワシントンにいたいと思っていたし、ウィザーズも彼をキープしたいと思っていたからね。

ビールは昨年のオフシーズン中に2年720007200万ドルの延長契約を結んだばかり。

ウィザーズの不振の大きな要因はポイントガードのジョン・ウォールが不在であることだろう。

来季はウォールが復帰する見込みであり、ウィザーズが急いでビールをトレードする理由はない。

ビールの心境に大きな変化がある、もしくはネッツがよほど魅力的なオファーを出さない限り、ビールは少なくとも来季もウィザーズのユニフォームを着てプレイすることになりそうだ。

なお、今季のビールは57試合に出場し、平均36.0分のプレイで30.5得点(キャリアハイ)、4.2リバウンド、6.1アシスト(キャリアハイ)、1.2スティール、FG成功率45.5%、3P成功率35.3%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算545試合に出場し、平均34.6分のプレイで21.0得点、4.0リバウンド、4.0アシスト、1.1スティール、FG成功率45.2%、3P成功率38.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By さわ

    72000万ドルって、桁おかしい。
    記事なり翻訳した後に読み返してないのか。
    情報は正確に。

*

CAPTCHA