【スポンサーリンク】

エネス・カンター「どこと対戦しようと気にしない」

ボストン・セルティックスは昨年夏、NBAを代表するスーパースターのカイリー・アービングを失った。

オールスターポイントガードのケンバ・ウォーカー獲得には成功したものの、開幕前の評価はそれほど高くなかったと言えるだろう。

だがジェイソン・テイタムの覚醒などもあり、今季のセルティックスはNBAタイトル獲得の可能性を感じさせるパフォーマンスを見せている。

ベテランビッグマンのエネス・カンターもチームに自信を持っており、開幕前の評価を覆すべくオーランドで戦うという。

カンターはセルティックスについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

セルティックスはどのフロアでもあらゆるチームに勝つことができる。

だから、どこと対戦しようと気にしない。

僕たちはコートに立ち、世界に示すだけだ。

なぜなら、今季序盤は僕たちを嫌う人がすごくたくさんいたからね。

セルティックスは現在イースタン・カンファレンス3位。

 NBAシーズンが再開するまでの間にオクラホマシティ・サンダー、フェニックス・サンズ、ヒューストン・ロケッツとスクリメッジを行う予定だ。

シーズン再開後の初戦は今季トップの成績を誇るミルウォーキー・バックス。

長い中断期間がどう影響するか分からないが、初戦でタイトルコンテンダーを下し、勢いに乗りたいところだ。

なお、カンターの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数51634
平均出場時間17.521.8
平均得点8.211.6
平均リバウンド7.77.6
平均アシスト1.00.9
平均スティール0.40.4
平均ターンオーバー1.01.5
FG成功率56.6%54.2%
3P成功率14.3%28.7%
フリースロー成功率70.8%77.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA