【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「コービー・ブライアントなくして今のレイカーズはない」

NBAレジェンドのコービー・ブライアントにラリーオブライエントロフィーを捧げるため、ロサンゼルス・レイカーズはタイトル獲得を今季の至上命題としている。

強豪ロサンゼルス・クリッパーズとのシードゲーム初戦を制し、好スタートを切ったレイカーズ。

未来のNBAレジェンドであるレブロン・ジェイムスはブライアントの背番号24番が刺繍されたバンドを指にはめ、レイカーズを勝利に導くパフォーマンスを見せた。

そのジェイムスによると、ブライアントのレガシーは今もレイカーズ全員の中に残っているという。

ジェイムスはブライアントについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

コービーの存在なくして今日のレイカーズフランチャイズはない。

コービーの存在、彼のレガシー、パープル&ゴールドを着て、レイカーズのアパレルを着て、バスケットボールのことを考える。

僕がレイカーになる前から彼のレガシーはあったんだ。

彼とはオールスターゲームだけでなく、オリンピックチームでも一緒にプレイした。

ボールプレイヤーなら、ゲームが好きなら、たとえゲームをプレイしていないとしてもコービーのことを毎日考えるだろう。

ジェイムスによると、レイカーズはチーム練習を「ワン、ツー、スリー、マンバ!」の掛け声で毎回締めくくっているという。

果たしてレイカーズはNBAチャンピオンに輝き、ブライアントに捧げることができるだろうか?

なお、レイカーズはシードゲーム2戦目で昨季NBAチャンピオンのトロント・ラプターズと対戦する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA