【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがコービー・ブライアントのコメントを引用し「仕事は終わっていない」

ロサンゼルス・レイカーズはデンバー・ナゲッツとのカンファレンスファイナル第4戦を制し、NBAファイナル進出まであと1勝に迫った。

レイカーズがカンファレンスファイナルを突破すれば、コービー・ブライアントを擁した2010以来初のNBAファイナル進出となる。

ナゲッツにはファーストラウンドとカンファレンスセミファイナルで1勝3敗から逆転した実績があるだけに、レイカーズとしてはナゲッツの反撃を封じ、第5戦で勝負を決めたいところだろう。

今季のレイカーズはブライアントにNBAタイトルを捧げるために戦っているが、マンバメンタリティは確かに根付いているようだ。

かつてブライアントと共にプレイしたドワイト・ハワードは、インタビューで「第5戦へ向けてのチームのメンタリティは?」という質問を受けたところ、ブライアントの「仕事は終わっていない」という言葉を引用し、こう答えたという。clutchpoints.comが伝えている。

単純なことだ。

仕事は終わっていない。

コートに出て支配しなければならない。

第1Qから第4Qまでね。

レフェリーのジャッジやミスショットは気にしない。

ただコートに出て、僕たちのベストを尽くすだけさ。

レイカーバスケットボールをプレイし、良い勝利を手にするんだ。

ハワードは第4戦で先発起用され、インサイドを支配するパフォーマンスを見せた。

NBAタイトルが近づいているということもあり、ハワードをはじめレイカーズの選手たちはますます集中力を高めるだろう。

一方のナゲッツにとっては絶対に負けられない一戦となるが、油断せず気を引き締め直したレイカーズを倒すのは困難を極めるかもしれない。

なお、ハワードのカンファレンスファイナル第1戦から第4戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦
出場時間16:2612:4614:0422:37
得点133412
リバウンド32111
アシスト0001
スティール2111
ブロックショット2010
ターンオーバー2010
FG成功率80.0%
(4/5)
100%
(1/1)
66.7%
(2/3)
83.3%
(5/6)
フリースロー成功率62.5%
(5/8)
100%
(1/1)
0%
(0/1)
66.7%
(2/3)
+/-+14+10-1+7

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA