【スポンサーリンク】

マイケル・マローンHC「NBAにファウルコールを指摘する」

デンバー・ナゲッツを指揮するマイケル・マローンHCは、プレイオフシリーズを通してレフェリーのジャッジに不満を感じている。

ロサンゼルス・レイカーズとのカンファレンスファイナルでもレフェリーのファウルコールに不満を感じ、公正にジャッジすべきとの主張を続けているが、シリーズ第4戦の結果を受け、マローンHCの怒りは頂点に達したのかもしれない。

マローンHCは第4戦終了後、レフェリーが適切にジャッジするようNBAに要求することを明かしたという。マローンHCのコメントをthescore.comが伝えている。

私に分かるのは、彼ら(レイカーズ)がフリースローラインに35回立ったのに対し、我々は23回だったということだけだ。

ゲーム終盤にジャマール・マレーが何度がリムにアタックした時、接触があったと私は思う。

映像をチェックし、(NBAに)送る。

NBAに連絡し、このことを指摘するよ。

NBAは意見を聞いてくれる。

そういう素晴らしい仕事をしてくれている。

次の試合ではこれらのファウルがコールされることを願う。

シリーズ第4戦ではレイカーズが35本のフリースローで28得点を記録したのに対し、ナゲッツは23本のフリースローで20得点にとどまった。

果たしてマローンHCの声はNBAに届き、シリーズ第5戦のジャッジに影響をもたらすことができるだろうか?

ナゲッツにとって絶対に負けられない試合となるシリーズ第5戦は、本日行われる予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA