【スポンサーリンク】

マーク・キューバンがNBAファイナル視聴率低下について「プロモートできなかった」

2019-20シーズンのNBAチャンピオンには、レブロン・ジェイムス擁するロサンゼルス・レイカーズが輝いた。

他界したNBAレジェンドのコービー・ブライアントに捧げるNBAタイトルであり、ジェイムスにとってキャリア4個目となるチャンピオンリングだっただけに、NBAファイナルには多くの人々が注目。

だが、アメリカ次期大統領選挙戦や他のスポーツイベントとも重なり、視聴率は歴史的な低さにとどまったという。

しかし、ダラス・マーベリックスのオーナーであり、実業家でもあるマーク・キューバンは、政治イベントとNBAファイナル視聴率の低下には関連性がなかったと考えている模様。

キューバンはNBAファイナルの視聴率低下理由について次のように説明。RealGMが伝えている。

(NBAファイナル視聴率低下は)政治とは何の関係もないと思う。

ただ、マッチアップとストーリーラインがなかっただけだじゃないかな。

プロモートにおいて我々は良い仕事をしなかったということだ。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、NBAファイナルの視聴率低下について「驚いた」としながらも、来季は視聴率アップを確信しているとし、自信をのぞかせた。

来季のスケジュールはまだ未定だが、今季の結果を受け、プロモーションにもより力を入れていくことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA