【スポンサーリンク】

リハビリ中のデロンテ・ウェストがバスケを楽しむ

元NBAプレイヤーのデロンテ・ウェストはバスケットボールから離れた後、荒れた生活を送っていた。

現役時代に手にした大金はすべて失い、物乞いをしながら路上生活を続けていたウェスト。

現状を嘆いたダラス・マーベリックスのオーナーのマーク・キューバンはウェストに救いの手を差し伸べ、ウェストはリハビリ施設に入ることを決断。

その後、リハビリに取り組み、笑顔を取り戻したウェストの様子がSNS上にアップされたが、ついにバスケットボールにも復帰した模様。

clutchpointsによると、ウェストは体育館でバスケットボールの練習に取り組んだという。

ウェストが路上生活をしていると報じられ、衝撃的な写真がSNS上に出回った後、リック・カーライルHCやドック・リバースHC、レブロン・ジェイムスなど多くのNBA関係者がウェストを救うためにコンタクトをとろうとした。

だが、ウェストは彼らからの助けを拒否。

唯一受け入れたのは、キューバンからの申し出だった。

バスケットボールから長い間離れて荒れた生活を送っていただけに、ウェストの動きにはキレがないように見える。

だが、いずれはBIG3リーグで復帰し、ファンに元気な姿を見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA