【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダー「先発ポイントガードとして助けることができる」

デニス・シュルーダー「先発ポイントガードとして助けることができる」

NBA王者のロサンゼルス・レイカーズは先日、オクラホマシティ・サンダーとのトレードでポイントガードのデニス・シュルーダーを獲得した。

昨季のレイカーズはレブロン・ジェイムスを先発ポイントガードとしてプレイさせ、ラジョン・ロンドやアレックス・カルーソをバックアップガードとして起用。

ロンドがアトランタ・ホークスに移籍したことにより、シュルーダーにはロンドの穴を埋める働きが期待されるところだが、シュルーダーはロンドの穴を埋めるのではなく、先発ポイントガードのポジションを狙っているようだ。

シュルーダーはレイカーズでの自身について次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

僕はOKCですでに2年間、ベンチプレイヤーとしてやってきた。

前に進みたいと思っている。

(アンソニー・デイビスや)レブロン(・ジェイムス)と共に、ポイントガードのポジションでスターターとして助けることができると思うよ。

僕はセットプレイをコールできるし、彼(ジェイムス)をスコアリングのポジションに置けるようになる。

彼がオフ・ザ・ボールでプレイすることは、僕は素晴らしいことだと思うよ。

だから彼らは僕を獲得したんじゃないかな。

シュルーダーはサンダーに移籍する前、アトランタ・ホークスで先発ポイントガードとしてプレイしていた。

レイカーズはシュルーダーを先発ポイントガードのポジションで起用する場合、ジェイムスをフォワードのポジションに戻すだろう。

どうなるかまだ分からないが、コンビネーションを確認しながら柔軟に対応していくことになりそうだ。

なお、シュルーダーの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
所属チームオクラホマシティ・サンダーアトランタ・ホークス
オクラホマシティ・サンダー
出場試合数65496
平均出場時間30.825.5
平均得点18.914.1
平均リバウンド3.62.8
平均アシスト4.04.6
平均スティール0.70.8
平均ターンオーバー2.62.4
FG成功率46.9%
(キャリアハイ)
43.6%
3P成功率38.5%
(キャリアハイ)
33.7%
フリースロー成功率83.9%82.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA