【スポンサーリンク】

ニック・ヤングが中国のチームと契約

ニック・ヤングが中国のチームと契約

現在35歳のベテランガード、ニック・ヤングは、NBAゲームから長く離れている。

ヤングがNBAで最後にプレイしたのは、デンバー・ナゲッツに所属していた2018年12月22日。

以降はNBA復帰の噂が何度か出たもののオファーをもらうことができず、2019年10月には「NBAチームからオファーがなければ引退する」としていた。

だが、バスケットボールに対する情熱を消すことはできなかったようだ。

The Athleticの記者によると、ヤングは中国リーグの浙江ライオンズと契約したという。

ヤングは2007年のNBAドラフト16位でワシントン・ウィザーズに入団。

NBAキャリアを通して主力のひとりとして活躍したものの、ナゲッツに移籍した2018-19シーズンは出場機会が激減した。

お調子者としても知られているヤングは、中国でも高い人気を誇る元NBAプレイヤーのひとりとなるだろう。

なお、ヤングのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリアスタッツ
所属チームワシントン・ウィザーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
デンバー・ナゲッツ
出場試合数720
平均出場時間22.8
平均得点11.4
平均リバウンド2.0
平均アシスト1.0
平均スティール0.5
平均ターンオーバー1.0
FG成功率41.8%
3P成功率37.6%
フリースロー成功率83.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA