【スポンサーリンク】

ウェス・アンセルドJrがウィザーズに求めるのはディフェンス?

ウェス・アンセルドJrがウィザーズに求めるのはディフェンス?

ワシントン・ウィザーズは先日、新ヘッドコーチにウェス・アンセルドJrを任命した。

ウィザーズはラッセル・ウェストブルックとブラッドリー・ビールを中心としたNBA屈指のオフェンシブチームであり、それは来季も変わらないだろう。

アンセルドJrHCもそう感じ、ディフェンス力を高めることにより上位でNBAプレイオフに進出できると確信しているのかもしれない。

アンセルJrHCはウェストブルックとビールを中心としたウィザーズについて次のようにコメントしたという。clutchpoints.comが伝えている。

彼ら(ウェストブルックとビール)はコーチングされることを望んでいる。

責任を求めている。

彼らはふたりともオフェンスを分かっているから、現時点で問題はないと思う。

それについては、今は納得しているよ。

トレーニングキャンプとプレシーズンで確認し、引き継いでいかなければならない。

だが、考えは一致している。

彼らに何が求められているかという点については、我々全員が同じ考えを持っている。

素晴らしいのは、彼らはふたりともこのチームのリーダーとしてコミットしてくれているということだ。

アンセルドJrHCが「彼らはふたりともオフェンスを分かっているから、現時点で問題はないと思う」と発言したことは、裏を返せばディフェンスに改善の余地があるということだろう。

一方、ビールとウェストブルックには複数のNBAチームが関心を持っていると報じられているが、アンセルドJrHCの言葉を聞く限り、ウィザーズが少なくともこの夏に彼らに対するトレードオファーに応じることはなさそうだ。

なお、ウィザーズはアンセルドJrHCと直接面談を18回、電話での面談を8回行い、熟考してオファーを出したと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA