【スポンサーリンク】

ニコ・マニオンが母国イタリアのチームと契約

ニコ・マニオンが母国イタリアのチームと契約

ゴールデンステイト・ウォリアーズの一員としてNBAデビューしたニコ・マニオンは先日、ウォリアーズからのクオリファイングオファーを受け入れ、制限付きFAになった。

ウォリアーズにはいかなるオファーにもマッチする権利があるが、マニオンは来季を母国イタリアで過ごすことになった模様。

ESPNの記者によると、マニオンが母国イタリアのヴィルトゥス・ボローニャと契約したことを、マニオンのエージェントが明かしたという。

マニオンはボローニャと2年契約を結び、契約2年目はNBAに復帰できるオプションが含まれていると報じられている。

ボローニャは当初、FAポイントガードのクリス・チオッツァ獲得を狙っていたというが、チオッツァはウォリアーズと契約。

これに伴い、ターゲットをマニオンに切り替えたと見られている。

マニオンは昨年のNBAドラフト48位でウォリアーズに入団。

その後2ウェイ契約を結び、NBAデビューを果たした。

まだ20歳と若いマニオンにはイタリアで経験を積み、NBAに戻ってきてもらいたいところだ。

なお、マニオンの昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21
出場試合数30
平均出場時間12.1
平均得点4.1
平均リバウンド1.5
平均アシスト2.3
平均スティール0.5
平均ターンオーバー1.0
FG成功率34.2%
3P成功率36.7%
フリースロー成功率82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA