【スポンサーリンク】

元NBA選手のルイス・スコラがイタリアのチームのCEOに就任

元NBA選手のルイス・スコラがイタリアのチームのCEOに就任

元NBA選手のルイス・スコラはアルゼンチン代表の一員として東京オリンピックに出場した後、プロバスケットボールキャリアに終止符を打つことを発表した。

スコラはバスケットボールに関する仕事に就くと見られていたが、さっそく新たな仕事が見つかった模様。

sportandoによると、スコラはイタリアのプロバスケットボールチームであるパラカネストロ・ヴァレーゼのCEOに就任したという。

スコアがNBAでプレイしたのは、ブルックリン・ネッツの一員として過ごした2016-17シーズンが最後。

その後は中国で2シーズンを送り、イタリアのオリンピア・ミラノに移籍。

昨季はヴァレーゼでプレイし、そのままCEOに就任する形となった。

今後はバスケットボール選手ではなく、ビジネスマンとしてどのような手腕を振るうのか注目が集まるところだ。

なお、スコラのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームヒューストン・ロケッツ
フェニックス・サンズ
インディアナ・ペイサーズ
トロント・ラプターズ
ブルックリン・ネッツ
出場試合数743
平均出場時間25.6
平均得点12.0
平均リバウンド6.7
平均アシスト1.6
平均スティール0.6
平均ターンオーバー1.5
FG成功率49.3%
3P成功率33.9%
フリースロー成功率74.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA