【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタムがプレイスタイルの変更を示唆?

ジェイソン・テイタムがプレイスタイルの変更を示唆?

ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムは、NBAを代表するスター選手のひとりだ。

ステップバックからのジャンパーで得点を量産するテイタムにはさらなる成長が期待されているが、NBA2021-22シーズンのテイタムは新たなバスケットボールを見せてくれるかもしれない。

オフシーズンを通して筋力トレーニングに励み、バルクアップに成功したテイタム。

テイタムによると、ファンは彼のドライブを見たがっており、テイタムもその期待に応じる準備をしているという。テイタムのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

(バルクアップは)僕が年齢を重ねたことの一部さ。

身体は変化しはじめ、機能するようになってきている。

皆は僕がバスケットにもっと向かっていくのを望んでいるよね。

僕はステップバックジャンパーが好きなんだ。

妥協するよ。

僕は人々が望んでいることをやるだろう。

昨季のテイタムは1試合あたり平均5.3本のフリースローを獲得。

これはテイタムのサイズのスコアリングフォワードとしてはかなり低い数字だという。

ドライブを増やすことでフリースローの回数は自ずと増えるため、来季のテイタムにはさらなるスコアリングを期待して良さそうだ。

なお、テイタムの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数64289
平均出場時間35.832.7
平均得点26.4
(キャリアハイ)
19.4
平均リバウンド7.4
(キャリアハイ)
6.3
平均アシスト4.3
(キャリアハイ)
2.7
平均スティール1.21.2
平均ターンオーバー2.71.9
FG成功率45.9%45.8%
3P成功率38.6%39.6%
フリースロー成功率86.8%
(キャリアハイ)
84.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA