【スポンサーリンク】

ウルブズがバスケットボールオペレーション部門代表と決別

ウルブズがバスケットボールオペレーション部門代表と決別

NBAプレイオフ復帰を目指すミネソタ・ティンバーウルブズが、新体制でシーズン開幕を迎えることを決断した模様。

The Athleticの記者によると、ウルブズはバスケットボールオペレーション部門代表のガーソン・ローザスと決別したという。

ローザスはヒューストン・ロケッツのフロントオフィスで長く働いた後、2019年5月にウルブズのバスケットボールオペレーション部門代表に就任。

就任後はロスターの再編などに積極的に取り組んだものの、在任期間中は勝率30.9%(42勝94敗)と期待された成果をあげることができなかった。

このタイミングで決別するケースはあまりないが、アレックス・ロドリゲスなどがウルブズのオーナーになったため、その影響を受けての決別と見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA