【スポンサーリンク】

トレイ・ヤング「僕への接触の多くはファウル」

トレイ・ヤング「僕への接触の多くはファウル」

NBAは今季からシュートモーション時のファウルルールを変更した。

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングやブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデンのようにファウルをもらう技術に長けているNBA選手は、特にルール変更の影響を受けると見られている。

この件について、ヤングが言及した模様。

ヤングによると、ルールの変更点を明確にするためにNBAに問い合わせたという。ヤングのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

調整が必要だと思うが、僕は自分のゲームをプレイするだけだ。

僕は(NBAレフェリートレーニング・開発部門責任者の)モンティ(・マカッチェン)と何度もミーティングした。

どれがファウルでどれがファウルではないかを確認するためにね。

僕に対する接触の多くはファウルだ。

僕が前に出て、急に止まり、ディフェンダーが僕に突っ込んでくる。

それは今もファウルなんだ。

リーグはどんなことでもオープンにコミュニケーションを取ってくれる。

特に何が疑問がある時はね。

僕だけではない。

多くの選手がどれがファウルでどれがファウルではないのかを確認するために、リーグに接触したと思うよ。

昨季のヤングは1試合あたり8.7本のフリースローを放った一方で、今季2試合を終えた時点では1試合あたり6.0本のフリースローアテンプト数にとどまっている。

だが、ヤングはすぐに新ルールにアジャストし、ホークスを勝利に導くことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA