【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHC「シーズン序盤にこうなることは分かっていた」

フランク・ボーゲルHC「シーズン序盤にこうなることは分かっていた」

ロサンゼルス・レイカーズは現地26日に行われたサクラメント・キングス戦で、第4Q中に一時13点のリードを奪ったものの追いつかれ、トリプルオーバータイムの末に敗れてしまった。

勝率は再び5割を下回り、指揮官のフランク・ボーゲルHC解任説も聞こえ始めているレイカーズ。

だが、ボーゲルHCによると、今季厳しい出だしを強いられることは予想していたという。

ボーゲルHCはレイカーズについて以下のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

シーズン序盤にこのように不安定な状態になることは分かっていた。

今季は適切な時期にピークを迎え、82試合を使って互いを学び、毎日成長することがすべてだ。

このような試合は勝ちたい。

だが、このチームにはもっと大きな絵を描いているんだ。

ボーゲルHCによると、トリプルオーバータイムに及んだキングス戦ではレブロン・ジェイムスに疲れが見え始め、カーメロ・アンソニーやラッセル・ウェストブルック、アンソニー・デイビスにピック&ロールでプレイさせるなどオフェンスの多様化を図ったという。

ロスターだけを見るとNBAタイトル獲得を期待できる顔ぶれとなっているものの、期待外れの戦いが続いているレイカーズ。

大きな問題はディフェンスにあると見られているが、ディフェンシブマインドの高いボーゲルHCがチームをどう改善していくのか注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA