【スポンサーリンク】

NBAキャリア13年のベノ・ウドリーが現役引退を発表

NBAキャリア13年のベノ・ウドリーが現役引退を発表

2004年のNBAドラフト28位でサンアントニオ・スパーズに入団したベテランガード、ベノ・ウドリーが、プロバスケットボール選手としてのキャリアに正式に終止符を打った。

EuroHoopsによると、現在ニューオーリンズ・ペリカンズで選手育成コーチとして働いているウドリーが、現役引退を正式に発表したという。

プロアスリートには2つの死があると言われている。

そのひとつは、もうこれ以上プレイできなくなった時だ。

それを受け入れ、引退を発表するのに2年もかかってしまった。

スロベニアの小さな村から出てきて、NBAで13年連続でプレイし、チャンピオンに2度なった。

これは僕が夢見ていた以上のことであり、どの瞬間も愛している。

バスケットボールは16歳でプロになってから人生の一部だったし、絶対に手放したくない。

子供の頃にプロ選手になりたいと強く思ったように、今はコーチになりたい。

多くのコーチが僕にしてくれたように、僕の知識を共有し、次世代を導きたいんだ。

ウドリーは海外で7年間プレイした後、スパーズの一員としてNBAデビュー。

NBAキャリア終盤は複数のチームを渡り歩くと、現役選手としての最後の年は母国リトアニアのチームで過ごした。

今後はコーチングを学ぶというが、グレッグ・ポポビッチHCなど多くの偉大なNBAコーチから指導を受けたウドリーは、いずれは偉大なコーチとしてNBAチームを牽引するだろう。

なお、ウドリーのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームサンアントニオ・スパーズ
サクラメント・キングス
ミルウォーキー・バックス
オーランド・マジック
ニューヨーク・インックス
メンフィス・グリズリーズ
マイアミ・ヒート
デトロイト・ピストンズ
出場試合数831
平均出場時間21.9
平均得点8.4
平均リバウンド2.1
平均アシスト3.4
平均スティール0.7
平均ターンオーバー1.4
FG成功率46.3%
3P成功率34.9%
フリースロー成功率83.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA