【スポンサーリンク】

ダリル・モレーがNBAレギュラーシーズンとプレイオフの短縮を提案

ダリル・モレーがNBAレギュラーシーズンとプレイオフの短縮を提案

NBAは現在、レギュラーシーズン82試合、プレイオフ1シリーズ7試合のフォーマットを採用している。

レギュラーシーズンの試合数については選手たちの怪我や疲労などを考慮し、「減らすべき」という声も少なくない。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのバスケットボールオペレーション部門代表を務めるダリル・モレーによると、レギュラーシーズンの試合数は58試合が望ましいという。

モレーはNBAのレギュラーシーズンとプレイオフの試合数について、次のようにコメント。New York Postが伝えている。

君たちは弱気過ぎる。

もっと大胆にいくべきだ。

私は(レギュラーシーズン)58試合の案を気に入っている。

全チームが他のチームと2度対戦することになる。

プレイオフについては、私も100%同意するが、短いほうが良い。

私なら(プレイオフは)1回勝負のトーナメントにするだろう。

NFLで皆がすべてのゲームにチャンネルを合わせ、非常に高い視聴率を叩き出しているのには理由がある。

文字通り1回勝負さ。

また、NCAAトーナメントは63試合で、我々のレギュラーシーズンより大きな収益を得ているんだ。

あらゆるスポーツは、スーパーボウルに近い試合をもっとしたいと望むべきだ。

スーパーボウルに勝てるスポーツの試合がまったくない状態がしばらく続いている。

だが、私は私が生きている間にNBAがNFLを追い抜くことができると確信しているよ。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、ミッドシーズントーナメントについて改めて言及した。

シルバーによると、ミッドシーズントーナメントの導入時期についてはまだ決まっていないものの、見通しは明るいという。

もしレギュラーシーズンの試合数を短縮するのなら、おそらくミッドシーズントーナメント導入時期に合わせることになるだろう。

とはいえ、レギュラーシーズンの試合数の短縮はサラリーやメディアとの兼ね合いもあるため、難しい交渉を強いられることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA