【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッドHC「3ポイントを4本連続で外したら5本目は撃ってはならない」

ジェイソン・キッドHC「3ポイントを4本連続で外したら5本目は撃ってはならない」

ダラス・マーベリックスは現地20日、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル第2戦を通し、シリーズを0勝2敗とした。

この日のマブスは一時19点のリードを奪ったものの、後半に入ると勢いに乗ったウォリアーズの波に飲まれ、痛恨の逆転負け。

特に第3Qはひどく、3ポイントを決めることができないマブスはわずか13得点にとどまった。

マブスを指揮するジェイソン・キッドHCによると、3ポイントシュートを撃ち続けたことがウォリアーズを助けてしまったという。

キッドHCはシリーズ第2戦を振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

3ポイントが決まるなら、それは素晴らしいことだ。

だが、理解しなければならない。

もし3ポイントを4本連続で外したら、5本目は撃ってはならない。

3ポイントを決めなければならない。

そうしなければチームにプレッシャーがかかってしまう。

なぜなら、相手に大きな流れを渡してしまうからね。

マブスは第2戦で3ポイントだけでなく、インサイドでも十分なパフォーマンスを見せることができなかった。

ペイントエリア内の得点はウォリアーズの62点に対し、マブスは30点。

また、リバウンドもウォリアーズの43本に対し、マブスは30点にとどまった。

果たしてマブスは第1戦と第2戦の問題を克服し、カンファレンスセミファイナルのようにホームの2連戦を制すことができるだろうか?

なお、シリーズ第2戦のマブスとウォリアーズのスタッツは以下の通りとなっている。

DALGSW
得点117126
リバウンド3043
アシスト2233
スティール74
ブロックショット52
ターンオーバー1213
FG成功率47.4%
(37/78)
56.1%
(46/82)
3P成功率46.7%
(21/45)
50.0%
(14/28)
フリースロー成功率75.9%
(22/29)
80.0%
(20/25)

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    5年目×
    5本目○

*

CAPTCHA