【スポンサーリンク】

ブレイザーズがビンス・カーターが提唱するレイカーズ戦の戦略を採用?

ブレイザーズがビンス・カーターが提唱するレイカーズ戦の戦略を採用?

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズは、0勝3敗でシーズンをスタートした。

レイカーズは特にアウトサイドシュートで壊滅的な状況に陥っており、元NBAスターのビンス・カーターは先日、レイカーズとの試合について「僕が彼らと対戦するチームのコーチならペイントエリアを固める」とし、アウトサイドシュートを故意に撃たせる戦略を提唱。

ブレイザーズはその戦略に乗ったのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、デイビスがコーナーでワイドオープンだった時、ユスフ・ナーキッチはまったくコンテストせずにリバウンドに入ったという。

その結果、ナーキッチの代わりにバックボードがデイビスの3ポイントをブロックした。

また、ウェストブルックが残り30秒にミドルレンジジャンパーを放った時も、ナーキッチはコンテストしなかった。

この日はナーキッチがウェストブルックにマッチアップし、ウェストブルックを故意にオープンにしてインサイドを固めるシーンも見られたが、もしこれが戦略ならウェストブルックはもちろんレイカーズにとっても大きな屈辱と言えるだろう。

果たしてレイカーズはシュートの自信を取り戻し、形成を変えることができるだろうか?

レイカーズのアウトサイドシュートが今が底であることを祈るばかりだ。

なお、レイカーズの選手たちの今季の3P成功率は以下の通りとなっている。

選手キャリア3P成功率今季3P成功率
パトリック・ベバリー37.7%21.4%
(3/14)
トロイ・ブラウンJr33.6%0%
(0/2)
トーマス・ブライアント35.0%
マックス・クリスティー100%100%
(1/1)
アンソニー・デイビス30.2%20.0%
(2/10)
ウェニエン・ゲイブリル33.8%
レブロン・ジェイムス34.6%25.9%
(7/27)
デイミアン・ジョーンズ29.5%0%
(0/1)
ケンドリック・ナン36.2%23.1%
(3/13)
スコッティ・ピッペンJr
オースティン・リーブス31.6%28.6%
(2/7)
マット・ライアン30.0%40.0%
(2/5)
デニス・シュルーダー33.8%
コール・スワイダー0%0%
(0/1)
ホアン・トスカーノ・アンダーソン35.2%12.5%
(1/8)
ロニー・ウォーカー33.9%17.6%
(3/17)
ラッセル・ウェストブルック30.4%8.3%
(1/12)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA