【スポンサーリンク】

ターナー社がNBAとのメディア契約から撤退?

ターナー社がNBAとのメディア契約から撤退?

NBAは新たなメディア契約を求め、複数の企業と交渉すると見られている。

だが、これまでNBAゲームを放送してきた大手メディアはNBAのストリーミング配信から撤退するかもしれない。

RealGMによると、ターナー社の親会社であるワーナー・ブラザース・ディスカバリー社のCEOデイビット・ザスラフが、「我々はNBAを持つ必要はない」と語ったという。

ただし、NBAとのメディア契約を完全に諦めたわけではなく、「未来のための契約でなければならない。過去の契約であってはならない」としている。

また、これまでTNTを通してNBAゲームを配信しているが、ストリーミング配信のプラットフォームをHBO Maxに変更する可能性があると明かしたという。

ターナー社は先日、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーと10年の延長契約を結んだ。

もしターナー社がNBAから撤退する場合、おそらくバークレーはターナー社を去るだろう。

NBAとのメディア契約にはAmazonやディズニーなども関心を持っているというが、NBAの視聴体系は近い将来大きく変わるのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA