【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセルがトレードの可能性について「意識している」

ディアンジェロ・ラッセルがトレードの可能性について「意識している」

ミネソタ・ティンバーウルブズのディアンジェロ・ラッセルはチームと延長契約を結ぶことができなかったため、今年の夏にFAになる。

そのため、ウルブズはラッセルをトレードで放出し、見返りを得る可能性があると報じられているが、ラッセルもトレードされる可能性を感じているのかもしれない。

sports.yahoo.comによると、ラッセルはトレードの噂について質問されると、「確かに意識している」と答え、次のように話したという。

僕はアルファだ。

意味が分かるかい?

僕は多くのシューティングガードよりよい選手だと思っている。

多くのポイントガードより良い選手だと思っているんだ。

ラッセルには複数のNBAチームが関心を持っていると噂されている。

その中の1チームが、マイアミ・ヒートだ。

ヒートは元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーをトレード要員とし、ラッセル獲得を狙うと見られているが、ウルブズはNBAキャリアが終わりに近づいているラウリーを求めないだろう。

また、ロサンゼルス・クリッパーズとフェニックス・サンズも注目のNBAチームとして挙がっている。

クリッパーズはオフシーズン中に元NBAオールスターポイントガードのジョン・ウォールを獲得したものの、チームとして十分な結果を残すことができていない。

そのためポイントガードのポジションのアップグレードを狙っていると噂されている。

一方、サンズはクリス・ポールの後継者として長くチームを牽引できるポイントガードを探していると報じられている。

また、デビン・ブッカーとラッセルが親友という点も、トレードの噂を加速させる要因となるだろう。

果たしてラッセルは今季後半、もしくは来季、どのNBAチームのユニフォームを着てプレイするのだろうか?

なお、ラッセルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数39463
平均出場時間32.829.7
平均得点17.217.7
平均リバウンド3.23.5
平均アシスト6.45.7
平均スティール1.11.1
平均ターンオーバー2.72.8
FG成功率45.9%
(キャリアハイ)
42.3%
3P成功率36.1%35.7%
フリースロー成功率85.6%
(キャリアハイ)
78.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す