カイリー・アービング 2012-13TOP10プレイ

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのポイントガード、カイリー・アービングは、NBAを代表するポイントガードへと成長を遂げつつある。

デューク大出身のアービングは、昨季ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
今季はオールスターにも選出され、将来が有望視されている選手のひとりといえるだろう。

K・アービング 2012-13TOP10プレイ

アービングの持ち味は、やはり“キラークロスオーバー”だろう。
ディフェンスは前後左右に揺さぶられ、アービングに触れることなくコートに尻もちをついてしまう。

卓越した得点能力、アシスト能力を持っているということが、彼のクロスオーバーをより強力なものにしているようだ。

アウトサイドシュートも得意にしており、今季のオールスター3Pコンテストでチャンピオンに輝いた実績もある。

K・アービング ハイライトムービー

そんなアービングだが、懸念されるのは怪我が多いということだ。
将来が有望視されているプレイヤーだけに、ブランドン・ロイのように怪我で引退を余儀なくされるようなことにはなってもらいたくない。

来季もキャブスでプレイすると見られているが、チームをプレイオフ進出へ導けるのか注目しよう。

カイリー・アービング 2012-13スタッツ
  • 平均22.5得点
  • 平均3.7リバウンド
  • 平均5.9アシスト

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA