【スポンサーリンク】

2012-13シーズンのMVPはレブロン・ジェイムス

大方の予想通り、2012-13シーズンMVPにはマイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスが輝いた。

ジェイムスの受賞は2年連続、通算4度目となる。

2012-13シーズンの“キング”も、安定したプレイでチームを牽引。

2シーズン前までは「プレッシャーに弱い」選手と言われ、クラッチタイムでは自ら勝負するのを避け、チームメイトであるドウェイン・ウェイドに託しているようにみえた。

ところが、もともと類希な身体能力を誇るジェイムスは、昨季からクラッチタイムでも積極的にプレイするように。

自らフィニッシャーになることもあれば、オープンな選手を見つけてアシストするなど、もはや彼を止める術はない。

今年で28歳になり、プレイヤーとして円熟味を増してきたジェイムスは、これからもリーグの先頭を突き進むことだろう。

レブロン・ジェイムス 2012-13スタッツ
  • 平均26.8得点(リーグ4位)
  • 平均リバウンド数8本(同21位)
  • 平均アシスト数7.3本(同10位)
  • FG成功率56.5%(同5位)
  • 平均スティール数1.7本(同12位)
  • 平均出場時間37.9分(同8位)
  • 平均出場時間37.9分(同8位)
  • FG成功本数765本(同1位)
  • 合計アシスト本数551本(同8位)
  • 合計2036得点(同3位)
  • ダブルダブル36回(同11位)
  • トリプルダブル4回(同2位)
L・ジェイムス 2012-13TOP10プレイ

シーズンMVP候補選手の獲得ポイント数は以下の通りだ。
(チームは2012-13シーズンの所属先)

レブロン・ジェイムス(マイアミ・ヒート)
レブロン・ジェイムス

ファーストプレイス120票
セカンドプレイス1票

計1,207ポイント

ケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)
ケビン・デュラント

セカンドプレイス93票
サードプレイス21票
フォースプレイス2票
フィフスプレイス3票

計765ポイント

カーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス)
カーメロ・アンソニー

ファーストプレイス1票
セカンドプレイス16票
サードプレイス51票
フォースプレイス27票
フィフスプレイス17票

計475ポイント

クリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ)
クリス・ポール

セカンドプレイス2票
サードプレイス27票
フォースプレイス39票
フィフスプレイス23票

計289ポイント

コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)
コービー・ブライアント

セカンドプレイス4票
サードプレイス12票
フォースプレイス23票
フィフスプレイス27票

計184ポイント

トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)
トニー・パーカー

セカンドプレイス2票
サードプレイス7票
フォースプレイス8票
フィフスプレイス13票

計86ポイント

ティム・ダンカン(サンアントニオ・スパーズ)
ティム・ダンカン

セカンドプレイス2票
サードプレイス1票
フォースプレイス12票
フィフスプレイス10票

計65ポイント

ジェイムス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
ジェイムス・ハーデン

フォースプレイス7票
フィフスプレイス12票

計33ポイント

ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)
ラッセル・ウェストブルック

フォースプレイス1票
フィフスプレイス6票

計9ポイント

ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)
ドウェイン・ウェイド

サードプレイス1票

計5ポイント

ステフェン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ステフェン・カリー

フィフスプレイス3票

計3ポイント

ケビン・ガーネット(ボストン・セルティックス)
ケビン・ガーネット

フィフスプレイス1票

計1ポイント

デイビッド・リー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
デイビッド・リー

フィフスプレイス1票

計1ポイント

タイ・ローソン(デンバー・ナゲッツ)
タイ・ローソン

フィフスプレイス1票

計1ポイント

マーク・ガソル(メンフィス・グリズリーズ)
マーク・ガソル

フィフスプレイス1票

計1ポイント

ジョアキム・ノア(シカゴ・ブルズ)
ジョアキム・ノア

フィフスプレイス1票

計1ポイント

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA