【スポンサーリンク】

職人プレイヤー ジェフ・ホーナセック

今回は、フェニックス・サンズの新ヘッドコーチに就任したジェフ・ホーナセックを取り上げよう。

“バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンが席巻した1990年代のユタ・ジャズといえば、ジョン・ストックトンとカール・マローンの印象が強い。

だが、まさに職人といえるプレイでチームに貢献したホーナセックの存在を忘れてはならない。

ホーナセックは当時、シューティングガードとしてストックトンをサポート。

1997年と1998年には、NBAファイナルに進出を果たす。

得意のアウトサイドシュートはもちろん、ドリブルで切り込み、相手をあざ笑うかのようにスルッとシュートを決めるホーナセックのプレイはまさに圧巻だった。

フリースローの際に右頬をなでる仕草は、3人の子供に捧げるためだったという。

存在感を遺憾なく発揮していたホーナセックだが、同じ時代にジョーダンがプレイしていたのは不運だといえるだろう。

1997年と1998年、どちらのファイナルでもジョーダン率いるシカゴ・ブルズに敗戦。

ブルズに2度目となる3ピートを許している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA