【スポンサーリンク】

マーク・キューバン「デニス・ロッドマンの背番号69番ジャージーを今も持っている」

マーク・キューバン「デニス・ロッドマンの背番号69番ジャージーを今も持っている」

キャリアの大半をデトロイト・ピストンズとシカゴ・ブルズで過ごし、強烈なリバウンドを個性を放ったデニス・ロッドマンは、NBAでの現役最終年をダラス・マーベリックスで過ごした。

ロッドマンのマブス移籍にあたり、広く知られたおもしろいエピソードがある。

それは、ロッドマンが背番号「69」番を希望したものの、当時のNBAコミッショナーだったデイビッド・スターンが当然のように即拒否したというものだ。

だが、NBA史に名を残すロッドマンがマブスに来るということもあり、チームは慌ててマーケティングを進めていたのかもしれない。

clutchpoints.comによると、マブスはスターンが拒否する前から69番ジャージーの製造にとりかかっており、オーナーのマーク・キューバンは幻となった69番ジャージーの在庫を今でもいくつか抱えているという。

スターンに拒否されたことを受け、ロッドマンは70番をチョイス。

だが、ロッドマンの70番ジャージーが使われたのはわずか12試合だった。

キューバンがロッドマンの希少なジャージーを出品した場合、いったいいくらで落札されるのだろうか。

なお、ロッドマンのピストンズ時代の背番号10番ジャージーは永久欠番となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA