【スポンサーリンク】

“ザ・メイルマン”と称されたカール・マローン

“ザ・メイルマン”と称されたカール・マローン

ジョン・ストックトンとのコンビプレイで長年にわたってユタ・ジャズを率いたカール・マローンだが、低迷が続くジャズで若手育成にあたることになったようだ。

“ザ・メイルマン”の愛称で親しまれたマローンは、歴代2位となる通算36,928得点を記録し、殿堂入りを果たした名プレイヤー。

NBAキャリアの大半をジャズでプレイし、シーズンMVPを2回受賞、オールスターに連続13回、計14回出場など輝かしい成績を残し、NBA歴代最高のパワーフォワードとも言われている。

特にストックトンとのピック・アンド・ロールは秀逸だった。

分かっていても止められない二人のコンビプレイは、まさにジャズの黄金期を象徴している。

ただ、同じ時代にマイケル・ジョーダンがプレイしていたのは不運といえるかもしれない。

マローンとストックトン率いるジャズは、1996-97シーズン、1997-98シーズンと2年連続でNBAプレイオフファイナルに進出したものの、両年ともジョーダン率いるシカゴ・ブルズに敗戦。

晩年をロサンゼルス・レイカーズで過ごしたマローンだったが、最後までチャンピオンリングを獲得することができず、2005年2月にNBAを引退した。

ちなみに、鋼のような肉体を武器に、現役引退後はプロレスのリングにも上がっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA